カテゴリー別アーカイブ: 特撮

ゴーカイジャー

懐かしのギンガマン。昔、ビデオで全話見た。
ゴーゴーファイブとタイムレンジャーも見た。
戦隊が面白いなど考えたことがなかったのに、
のめりこんで見てしまった。
デカレンジャー、マジレンジャー、シンケンジャーが好きで、今はゴーカイジャーが好きである。

ギンガマンといえば、シェリンダとハヤテの因縁の対決。キャラのぶつかり合いが良かった。
そして、ハヤテは何か苦手な食べ物があったような
(忘れた)。
照英は美人先生?とHappyだったような。

ウル覚えだが、面白かった。懐かしさで胸いっぱいである。

今日という日は明日のレジェンド♪

広告

オーズ(めωめ)V

伊達さ~ん、生きててよかったよ(TωT)

でもオーズを観る楽しみが減ってしまった。

後は、メズールの人間形、未来穂香ちゃんだけではないか。

主演の3人も悪くないのですが、というより、設定が難しく、キャラを魅力的に描くのは難しいのではなかろうか。なんとか小林靖子さんの力量でこれほどのレベルを保っていると思います。

前回のWで翔太郎とフィリップの相棒モノだったせいか、

これに似せないためのせいかオーズでは、映司とアンクの関係がうまく映えない状態となり、

観ているわたしとしては、今ひとつスカっと盛り上がらないm(_ _)mあくまで個人の感想です。

などと文句を言いながら、最後まで観るかも(^ω^)

ゴーカイジャーゴセイジャースーパー戦隊199ヒーロー大決戦(めωめ)観た

我慢出来ないくて、さっさと観てきました(^ω^)

戦隊ファンなら当然オススメです。興味ない人には勧められません。

中盤ぐらいまでは、おもしろいのです。さすがに199ヒーローは多すぎのような気がします。ゴセイジャーはキャラが良いし、強いんですよね。みんな強いだろうけど。

しかし、ライダーの時も感じたのですが、

奇跡という展開に頼りすぎて、ちょっとこれはついていけないぜいとなります。

今回の奇跡はリストラされたサラリーマンが金を工面するために用意した玩具の戦隊飛行機?と子供が持っていたロボが、クライマックスで巨大化するシーンですが、

もう少し、ひとひねり欲しかった。玩具に対する思い入れの描写がないせいか、どうも盛り上がらなかった。

などといろいろ書きましたが、戦隊ファンならば満足できる映画でありました。

次のオーズは松健と共演するなら、観ようかしら?

トランスフォーマーは絶対観るし、スーパー8も期待してます(^ω^)

 

ゴーカイジャーとオーズーヾ(^ω^)ノ

ゴーカイジャーはいろんな意味でスゴカッタ。

好きです。この笑い。シュール加減が良い。

笑いの感性が一緒だと、いろいろ助かるよね。

サラリーマンNEOが面白くないと言われると、途方にくれる。

オーズは伊達さんが…伊達さ~ん、死んじゃいやよー

そもそも、オーズは伊達さんが出だしてから、内容が安定してきたんじゃないの?

伊達さんがいないと、キャラクターのバランスがとれないよー。

オーズを観る楽しみが減る事のないように、願ってるのです(誰にやねん)

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー(めωめ)

 途中まで、デンライナーが爆発するまで良かった。

これは傑作になるのかもと思ったが、以後なんじゃこれのであった。

ここでわたしは脳内でストーリーをを勝手に創りあげた。

デンライナーが爆発する時、そこのバイクをナオミが運転して、オーナーと一緒に脱出するのだ。

なんてカッコイイんだと思いこみました。

それでも、お祭り作品として、楽しめました。

秋山莉奈の色気が尋常ではなかった。彼女の主演で誰が映画を撮って欲しいものだ。

海賊戦隊ゴーカイジャーーヾ(^ω^)ノ

 1.2話と観ましたが、こりゃ面白い(o^З’)bやったぜ

オープ二ングに感心しました。無駄なシーンがないというより、決まった姿をそろえて見せている。

感動したのはキャプテンマーベラス登場時に赤の戦士たちが前後を駆け抜けるシーンと

変身時に5人が落下して、レンジャーキーをつかむシーンです。

このようなイメージを思いつくのが、クリエーターにはとても大事で、観ていて気持ちいいもんです(^ω^)

そして、オープニングに敵を写さなかったのが、今回は良かったです。

本編でも、どのキャラも決まってるし、戦闘シーンがカッコイイです。

続きを楽しみにしてます(めωめ)

ゴーカイレッド

ガチャガチャをたまにするのです|ω・`)ッ♪

仮面ライダーW(めωめ)W

FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ 観たぞーヾ(^ω^)ノ

ライダーファンは必見だ。
日本のトップクラスのワイヤーアクションと格闘シーンのカッコよさ⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン

いきなりバイクアクションは迫力満点。翔太郎はあんなにバイクのテクニックがあったとは。
杉本彩の出番の多さが意外であった。
雨漏りネタが伏線になっとるのにやられた(o^З’)b

敵のメンツのキャラがたっていた。素晴らしいです。
敵のドーパントの特性がWと同じなのがGOOD。盛り上がる展開である。

そして、ジョーカーが半分でなく、そのまま一体で登場は、しびれました。
空まで飛んだのは行き過ぎでしたが、許せる展開でした。

観てよかったと心底思いました。

また期待してもいいかな⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン

 

ゴセイジャーもガンバレよ。

あまり観てないけど、ダイナミック・アラタの回は見入ったぞ(o^З’)b

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する