カテゴリー別アーカイブ: 映画

トランスフォーマー ダークサイド・ムーン(めωめ)観た

最高ーヾ(^ω^)ノ
ハリウッドの中でも抜きん出たCGなのかVFXなのかわからないが、最高級の映像である。
この映像を観れただけで福福である(^ω^)

一番の見せ場は、バンブルビーの殺されそうなシーンである。
やめて、殺さないで(´;ω;`)と半泣き状態でしたが、二人の小型金属生命体の活躍により助かり、戦況が一変するような状況を作り出す展開は、いかにもハリウッド的でしたが、これで満足(^ω^)
今回は話の運びがスマートでした。まさか主役の就職活動先に敵の金属生命体との関わりが起こるとは想像できませんでした。意外や意外。

あと、主役の両親の出番が少ないのはチョット残念です。あの憎めない愉快な両親と子供の繋がりはこの物語の一部だったと思います。

そして、クライマックスで主役が走るのが、トランスフォーマーの定番のはずですが、今回は走りが少なかった。ちと残念。

少し不満なところは、敵の仲間割れが最後に起こることです。このような話の運びは、正義が勝ってもあまり、スッキリしないものです。
しかし、「あなたが裏切ったのは、我々ではなく自分自身にだ」にはしびれました(☆ω☆)さすがオプティマス。

ところで、3Dに関してですが、IMAXの3Dで鑑賞したのですが、ええと、あのですね、正直申しまして、よくわらかないm(_ _)mあくまで個人の感想です。
ラプンツェルの時は、キレイな肌の質感に感動したもんですが、今回は、ようわからない。
もっと、ボンボンと目の前に火の粉やら破片やらが飛び出してくると思いきや、正直、よくわからない。見方が間違っているのかもしれません。

鋼の錬金術師(☆ω☆)キタヨコレ

嘆きの丘の聖なる星
久々に映画を観て興奮した。
エンターテイメントはラストのクライマックスがたたみかける展開でなければいけない。
鋼の錬金術師はテレビで5回ぐらいしか見たことがないので、詳しい内容は知らないのですが、面白ければいいのです。

作画の動きは相変わらず素晴らしいです。前半は狼キメラが動きまわり、クライマックスでは、血の錬成?からの押しよせるマグマを阻止する描写が優れてました。
ジュリアは兄を元の姿の戻すため自分の足を犠牲にしたのは、これぞ等価交換?というのでしょうか?印象的なシーンでした。

真保裕一は今まで相性が悪かったのですが、今回は当たりだった。これは監督のおかげかもしれない。

次はスーパーエイトかもしくはトランスフォーマー( ゚∀゚)o彡コレがなきゃ夏は終わらない。

映画(^ω^)

X-MEN ファーストジェネレーションは面白かった。

バットマン・ビギンズも良すぎた。ダーク・ナイトは劇場で観た。

スーパーエイトと鋼の錬金術師が気になる。
 
トランスフォーマーが一番の期待作品であるーヾ(^ω^)ノ

おとうと

宮川一夫が撮影である。

この映像が好きです⊂(^ω^)⊃ 内容は別ですが。

わたしの中で、宮川一夫はどうも響かない印象があったのですが、

これは素晴らしい。ビンビンきました。

黒が深く、構図が決まっている。

市川崑もこのころは、黒がくろかった。

 

イーグル・アイ(めωめ)テレビだけど

観ました(^ω^)

娯楽作品として、十分満足できます。

さすが、ハリウッド。金のかけ方が半端ない。

 

次は、映画館でトランスフォーマーを楽しみにしてます⊂(^ω^)⊃

ピカルの定理でマツコ登場(・∀・)キタヨコレ

ゴーカイジャーゴセイジャースーパー戦隊199ヒーロー大決戦(めωめ)観た

我慢出来ないくて、さっさと観てきました(^ω^)

戦隊ファンなら当然オススメです。興味ない人には勧められません。

中盤ぐらいまでは、おもしろいのです。さすがに199ヒーローは多すぎのような気がします。ゴセイジャーはキャラが良いし、強いんですよね。みんな強いだろうけど。

しかし、ライダーの時も感じたのですが、

奇跡という展開に頼りすぎて、ちょっとこれはついていけないぜいとなります。

今回の奇跡はリストラされたサラリーマンが金を工面するために用意した玩具の戦隊飛行機?と子供が持っていたロボが、クライマックスで巨大化するシーンですが、

もう少し、ひとひねり欲しかった。玩具に対する思い入れの描写がないせいか、どうも盛り上がらなかった。

などといろいろ書きましたが、戦隊ファンならば満足できる映画でありました。

次のオーズは松健と共演するなら、観ようかしら?

トランスフォーマーは絶対観るし、スーパー8も期待してます(^ω^)

 

映画ナチュラルから(^ω^)

極上美の饗宴 正阿弥勝義からの、つけっぱなしだったのですが、

この映画、映像が綺麗だ。好みではないけれど。

アカデミー撮影賞でも受賞したかと思い調べたら、

この年の撮影賞はキリング・フィールド。

作品賞はアマデウス。 インドへの道という作品もある年である。

スゴイな。57回アカデミー賞は。

アマデウスの監督ミロス・フォアマンとは懐かしい。

最近では2006年に宮廷画家ゴヤは見たを制作していたとは、知らなんだ。しかも、ナタリー・ポートマンが出演してるらしい。ブラック・スワンを観たばかりなので、これは良い偶然だろう。

カンヌ国際映画祭はテレンス・マリックのツリー・オブ・ライフ。この監督の天国の日々は、わたしの映画観を変えた作品ですが、シン・レッド・ラインで困惑した。

中国では大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIEがヒットしてるらしい(^ω^)これは好きな作品なので、ヒットと聞いて嬉しいもんです。

ナチュラルからここまで語ってしまった。ナチュラルを観てないΣ( ̄ロ ̄lll)