鋼の錬金術師(☆ω☆)キタヨコレ

嘆きの丘の聖なる星
久々に映画を観て興奮した。
エンターテイメントはラストのクライマックスがたたみかける展開でなければいけない。
鋼の錬金術師はテレビで5回ぐらいしか見たことがないので、詳しい内容は知らないのですが、面白ければいいのです。

作画の動きは相変わらず素晴らしいです。前半は狼キメラが動きまわり、クライマックスでは、血の錬成?からの押しよせるマグマを阻止する描写が優れてました。
ジュリアは兄を元の姿の戻すため自分の足を犠牲にしたのは、これぞ等価交換?というのでしょうか?印象的なシーンでした。

真保裕一は今まで相性が悪かったのですが、今回は当たりだった。これは監督のおかげかもしれない。

次はスーパーエイトかもしくはトランスフォーマー( ゚∀゚)o彡コレがなきゃ夏は終わらない。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中