映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~(めωめ)♡

 またひとつ感動作品が生まれた(´;ω;`)ウッ

映画ドラえもんはのび太の恐竜2006から観てますが、今回が最高作品です。m(_ _)mあくまで個人の感想です。

作画のレベルはいつも高いのですが、今回は脚本がよく練られた。これは大変な作業だったと思いますが、脚本が完成したときは、とてつもなく心が満たされたのではないでしょうか。

物語の核となるのが、リルルとピッポの関係とピッポの歌です。

この柱がしっかりとしていたので、物語がぶれずに安定してました。

リルルがピッポにしたこと。なぜピッポを助けたのか?

冒頭のピッポの歌とラストの歌が最高の終幕を用意しました。

エンドロールの金魚も最高の余韻を醸しだしてました。

クライマックスでザンダクロスが敵戦艦?と戦うシーンで、あやうく涙が出てきそうでした。心では(TωT)号泣だ

最高に素晴らしい作品をありがとう。

ドラえもん 鉄人兵団のしずちゃん

ドラえもん 鉄人兵団ののび太

人を憎まないしずちゃんとのび太がドラえもんという作品の最大の宝だと思います。

ドラえもん 鉄人兵団のラスト

今回の映画では、ピッポの歌のおかげで、ラストが本当に引締しました。

今年一番の感動作品となるでしょう(^ω^)

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中