十三人の刺客V(めωめ)v観たよ 少しネタバレ

初めはグロいシーンがあります。それを超えたら娯楽大作時代劇ですーヾ(^ω^)ノ

お金かかってますね。
登場人物の後ろに映る屏風絵?の豪華なこと。
惚れ惚れしました。

さらに
室内の照明具合が渋いです。
人物の陰のつきぐあい、ロウソクの揺らめき、女性の白粉の写りなど
細かいところまで神経が行き届いてました。
欲をいえば、瞳のアイキャッチですが、そんな事を言うのは不粋です。

吾郎ちゃんの悪人ぶりはGOOD(o^З’)b
伊原剛志と山田孝之の居合も巧です。

ラストの化物かの山の民は、どうゆうこと?
ホントに化物ということでしょうか?

少々グロいシーンが気になりましたが、
わたしはキル・ビルもSAWも駄目なもので、
これが気にならない人なら、
ラストの決戦の前にセクシーな声と笑い?のシーンもありますが(観ればわかる)
時代劇が好きな人ならお勧めですーヾ(^ω^)ノ

映画に風格があったのがお見事でした。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中