歌川広重 橋下杭見通之図

たまに絵を観ると、ドキッとすることがあるのだが、これもその一枚である。

奥行きのある橋脚?に目を奪われるが、

すごいのは

2羽のツバメが左右の横の動きを生み出している事だ。

 

このような事は、狙ってできることではないと思うのだが、やはり広重は天才ということかな。

 

これが団扇の絵というのも驚きである。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中