ちゃちゃっと映画感想(めωめ)ψ

たくさん観たけど、みんな面白かったぉ(^ω^)<これじゃ感想にならんな

 

GOEMON

映画監督というより、映像作家という感じです。

才能は確かにあります。

しかし、映画を観ると、途中でとても疲れて、早く終わってくれと思います。

キャシャーンの時も同じような感じでした。

物語の山場と谷の落差が激しいのでしょう。

盛り上げ方は上手いのですが、下げるのも下げすぎなのでは。

 

ウオッチメン

賛否両論の作品でしたが、面白かったですぉ(^ω^)

内容が複雑という事ですが、ちゃんと?ついていけました。

 

引退させられたヒーローの一人が何者かに殺されます。

この殺されたヒーローはスマイルバッチをつけているので、このスマイルバッチを見ていけば

話しについていけます。

そして、この事件を追いかける別のヒーローのメモがナレーションとなり、

物語を組み立てていくので、話自体はそんなに難しく考える必要はないと思いました。

さらに、多くのヒーローのモノローグがあります。

作品の基本として、キャラクターのモノローグに嘘をついては、いけないというのがあります。

もっとも、モノローグは主役のみが基本ですけど。

よって、モノローグの少ない者が事件の犯人です。

分らない所は、どばして観ればいいのです(^ω^)Ψ

 

グレンラガン

グレン編は観てないのですが、ラガンは観ましたぉ(^ω^)Ψ

テレビの時の感動がよみがえりました。

クライマックスの戦闘は劇場版のサービスでしたね。

やはり、初見のテレビの時の感動が最高でした。カミナ様最高お(^ω^)Ψ

実を言うと、前半は観てないのですが。

 

今日はこのへんで(^ω^)

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

ちゃちゃっと映画感想(めωめ)ψ」への2件のフィードバック

  1. >作品の基本として、キャラクターのモノローグに嘘をついては、いけないというのがあります。 (中略)  よって、モノローグの少ない者が事件の犯人です。お、これはいいヒントを頂きました。いま、CSで「LOST」を見ているんですが、昔語り(これもモノローグですよね)させられると、めんどくさくて早送りで飛ばします・・・。早く「ロスト」の謎を知りたいのに(せっかちですね、すいません)出し惜しみしている感じでイライラと・・・。新しい謎の人物が出てきたとき、モノローグがなければ、怪しい人物と(笑)。

  2. アメリカのテレビシリーズ物は、縁がないようです。
    確か、ターミネーターのテレビシリーズがDVDでレンタルされていたので、
    機会があれば、見てみたいものです(^ω^)

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中