キャラクターはよみがえる

1980年代ごろだろうか
手塚治虫、石森章太郎、横山光輝などのキャラクターや画風が古臭く感じられたのは。
そのせいか、絵柄を大幅に変更した作品を発表している。

火の鳥2772

幻魔大戦
http://www.b-ch.com/cgi-bin/contents/ttl/det.cgi?ttl_c=716

鉄人28号
http://www.mxtv.co.jp/tetsujin28/

その状況の中でNOと答えたのが

ジャイアントロボ 地球が静止する日だと個人的に思っている。
http://www.b-ch.com/contents/feat_g_robo/index.html

作品を観ればわかるように、
作画の上手い人間が描けば、キャラクターはよみがえるということを証明した名作である。

サイボーグ009
紺野直幸さんの描く石森章太郎は、ただスゴイの一言。

鉄腕アトム2003年場版

そして
最近の映画ドラえもん

というように
原作に対する愛があれば、キャラクターが風化するということはない。

でただ今、手塚治虫の特集をテレビでしてます。

話はちょっと変わるのですが、
手塚はどのようなアニメを目指していたかが分らないのです。
アニメ作品の代表作は何になるのでしょうか?

生前の手塚のアニメ作品で、どうもアニメとして出来がよい、つまり動きがよいのが
思いつきません。

http://openpost.jp/works/view/1082

この作品はとてつもなく上手すぎると思うのですが、
手塚自身が、どのようなアニメ作品を目指して、作ろうとしたのかが、わからないのです。

ちなみに、私は悟空の大冒険のオープニングが大好きです。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

キャラクターはよみがえる」への4件のフィードバック

  1. [いいですね]

  2. 手塚治虫氏はディズニーを目標にあげていたと思います。そして宝塚出身らしくタカラヅカにも憧れていたようですから、両方を併せ持った作品を理想にしていたのかな・・・?ジャイアントロボのアニメ、4、5年くらい前に放送された「ファンタジックチルドレン」を思い起こさせるのですが、同じ会社の作品なんでしょうか?それにしても、「魔人ガロン」の出来はいいですね。でも長いアニメ作品になるとどうなんでしょう?

  3. 悟空の大冒険は三蔵法師の走るときにチラッと見えるピンクの下着と
    声優の野沢那智さんの「これ、悟空」が最高に好きです(^ω^)
    _
    「ブッタ」ですか。
    読んでないのです(;ω;)
    今日のNHKでもお勧めしていたので、
    時間が出来れば、チェックします(めωめ)

  4. 手塚さんはディズニー好きな割には、アニメの方向性がかなり違うんですよね~。
    なんでもやりたそうな人、いや漫画の神様だから、時間が無限にあったら、
    どんなアニメ作品を作るのだろうと、考えてしまいました。
    _
    「ファンタジックチルドレン」は鉄人28号を作った、なかむらたかし さんですね。
    鉄人とジャイアントロボは監督が同じ今川泰宏なので、絵柄は違いますが、
    似た雰囲気をかもしてます(^ω^)
    鉄人28号はパルムスタジオ。確か、なまむらたかしさんの会社だったような気がします。
    「ファンタジックチルドレン」は有名な日本アニメ。
    ジャイアントロボはわからないです(;ω;)
    _
    おろらく、魔人ガロンを描いた人はプロでしょうが、手塚漫画をそのまま動かしたような作品を作っていただき、感動しました。
    この調子で長編は、苦しいというか難しいでしょう。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中