スカイクロラを鑑賞しました( ´_ゝ`)腐ーン・・・

人生に虚無を感じている人、
テレビのお笑い番組を見て、むなしく思う人、
雨が降ったら、濡れたい人、
日本サッカーに諦めた人、
などにお勧めです(´ω`)

淡々とした描写と物語りだが、音楽が良いせいか、不思議と退屈はしなかった。

作画は、当然のごとく、よく描かれてます。
犬の細かい動きなどは秀逸です。

CGの戦闘機も良く出来てます。

しかし、何の魅力も感じない世界を描写してます。
戦闘機があり、整備士がいて、犬がいて
世界に何もない。何も詰まってない。
なにも躍動する視点が存在しない。
戦闘機が飛んでも、爽快感がない。
戦闘機が撃たれても、痛いと感じない。
それがキルドレの世界そのものなのだろう。

人生に一歩立ち止まって、見つめなおしたい人が、
この作品を観れば、なにかを感じるかも(´ω`)

ちなみに、サラリーマンNEOは最高だぉ(^ω^)
キルドレにセクスィー部長がいれば、きっと傑作になったぉ(°∀°)

今度、時間があればダークナイトを観るよぉ(ΦωΦ)

と書いた後、オリンピックの開会式を見た。
よく出来た開会式と思いながら、15分で飽きた(´ω`)

で、この映画の事を思い出した。
キルドレという、永遠に年をとらない存在。

死んだとしても再生できるクローン人間?という存在。
そのことを知らない、いや知ろうとしない存在。
いつ死んでもおかしくないのに、恐怖なしに生きる存在。

キルドレとは人間ではなく、変わらない時間なのかもしれない。
その変わらないと思われた時間も、変わる。
その瞬間を垣間見る映画なのかな。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中