歌川国芳 金魚の戯画

あめんぼうが雨の役でしょうか?

さすが河鍋暁斎の師匠である歌川国芳です。

 

絵の上手さと共に発想の豊かさを、かね揃えている。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

歌川国芳 金魚の戯画」への2件のフィードバック

  1. [いいですね]

  2. この作品自体は、鳥獣戯画とは違いますが、原点としては、ありだと思います。

    国芳は鳥獣戯画を知っていただろうし、
    戯画を描く多くの絵師は、鳥獣戯画の影響を受けていると思います。

    妖怪画の原点は、百鬼夜行図のようなものです。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中