宮崎駿作品

宮崎駿といえば、未来少年コナンである。
それと、ルパン三世 カリオストロの城も良かった。

しみじみといい作品を作る。

宮崎作品の傾向のひとつとして、
物語が始まる前に、主人公と相方が昔出会っていたという傾向がある。

カリオストロではルパンは幼いクラリスと会っている、
ナウシカも幼い頃に、オームと会っている、
千と千尋でも昔、千尋は川でハクに会って?いる、
ハウルでも、幼いハウルが星を飲み込む時、ソフィーが「未来で待ってて」と会って?いる。

出会いがあるから、ドラマチックになるのかもしれない。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中