NHKスペシャル JUDOを学べ ~日本柔道 金メダルへの苦闘~

番組の感想メモ。感じた事の羅列。

とりあえず、著者は運動を全くしない。

戦うという事は

相手を知るという事。

 

勝負に勝つためには

自分のスタイルを貫く事は大事だが、

相手を知るということはもっと大事ではないか?

相手が自分と違う柔道をしているのに、

どうして違う相手を知る好奇心が足りないのだろう?

どうして興味がわかないのだろうか?

貪欲に知ろうとしないのだろうか?

自分の知らないもの、欠けているものを知る事は

楽しいものである。

変化を恐れている者は、自分が変わる事を恐れている。

新しい未知の事を知るということは、今までの自分を否定することではない。

新たな発見を受け入れる事は、新たな発見の求めている場所を知ることである。

その場所を知れば、変化を恐れる事はない。

それは、今までの日本柔道の技の求めている場所を知る事ではなかろうか?

柔道の初めて技を創造した人の求めている場所にも近づく事が出来るのではなかろうか?

先ほど書いた、アートとアニメの関係にも、当てはまる部分があるような気もしている。

当然、当てはまらない事もありすぎ。

時間があるとき考えてみるべし。

 

http://www.nhk.or.jp/special/index.html

今日はよくテレビを観たぞ。

最近はあまり観てないので、面白かったo(^^)o

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中