アニメはアートなのか?

初代ガンダムを見ていた頃なら、

アニメはアートだ、などとほざいたら、馬鹿にされた事だろう。

しかし、今やアニメやマンガは、

世界に誇る日本のアニメ、マンガになってしまった。

しかし、アニメは本来、娯楽作品でそれ以上でもそれ以下でもない。

それなのに

アートというものがアニメやマンガに近づき

マンガやアニメの中に潜んでいたカワイイや空間表現などというものを

抽出して、

アートの世界では、新しいスタイルを確立してしまった。

著者は時代に乗り遅れてしまった。

アニメはアートなわけないだろう、と未だにあらがっているのだから。

 

それでも個人的にアニメは好きで、少しは観ている。

 

僕には帰れるところがあるんだ

こんな嬉しい事はない

わかってくれるよね

コードギアスにはいつでも会いにいけるから

 

 

今日はこどもの日というので、たまにはこんなのもありですね。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

アニメはアートなのか?」への3件のフィードバック

  1. 久し振りです。アニメはアートか、というか、アメリカ美術界では「ジャパニーズ・アート」の一つとして見ている感じはありますね。「ジャパニメーション」のように、一目見て、すぐ「ジャパン」を感じる、と…。浮世絵なんかもう「ジャパン」ですが、元々日本では今で言う本や新聞の挿絵と同じ扱いだったから、それが「アート」と言われても当時の日本人には「?」だったわけで‥‥。漫画や日本製アニメみたいに、私が当たり前過ぎて特に「日本的」とは少しも思っていないものが、外国にはもろ「ジャパン」を感じるわけで、そこに「アート」を感じるんじゃないのかなと。少なくとも、日本以外には見られないんですよね、「少女漫画」とか「劇画」とかが。(最近増えて来ているアジアでの「少女漫画」はのぞく。)

  2. 日本にはアニメやマンガが身の回りに溢れてます。
    この溢れる状態では、アートとは言えないはずですが、
    欧米ならば、アニメやマンガは希少なものだったので、アートと扱われたのでしょう。

    しかし、美術館に展示するというのは、どうも抵抗があります。

  3. >美術館に展示 これ、激しく同意します・・・。違和感ありまくりですね。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中