闇牛斎円志 蔵前河岸

1787~1789年ごろ制作

円志についてはよくわかってないことの事です。

 

なんか楽しそうな座敷遊びである、と思ってみていたのですが

三味線を持つ二人は芸者、

禿と遊女。

これは岡場所ですか?(詳しい人がいたら、教えてください)

 

遊女を題材にした浮世絵は多いけれど、

あれこれと考え出すと、なんか緊張しますね。

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

闇牛斎円志 蔵前河岸」への1件のフィードバック

  1. はじめまして。Voxに移住してきたばかりで勝手が分からず、お断り無しに「ご近所』登録させていただきました。よろしくお願いいたします・・・。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中