鷲鷹図屏風 (部分) 曾我二直庵

気高く美しい鷲である。

 

世界柔道なるものを見せていただいた。

なんですか?あれ。
へっぴり腰、
レスリングですか?

醜い姿だ。

このような醜い姿の先には、気高く美しい芸術は生まれない。

 

「柔道じゃねえ」斉藤監督 不可解判定に場内からもブーイング

もし、日本人がこれからも国際柔道に参加するなら、
日本柔道と国際柔道は違うと言う現実を、監督と選手は受け止めなくてはならない。

柔道のスタイルも違えば、ルールも違う。

監督も選手もこの現実を踏まえて、国際柔道の勝ち方と言うものをつかんでいただきたい。

武道には型の美しさと心の平安というものが存在する。
試合で勝つことを優先するスポーツにはそんなものは後回しになる。どんな姿でも勝てばよいのだ。

国際柔道とはどのような舞台か、よく考えるべきである。

最後に、谷、棟田、塚田さん、おめでとうございます。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中