写楽 「谷風・大童山図」

最近テレビのニュース番組を見ると、朝青龍がでてくる。

芸能番組ならともかく、NHKのニュースまでである。

よく飽きないものです。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

 

確かに朝青龍の相撲内容ほど、醜い取り組みを見たことがない。

立会いでは、張り手を食らわすもは許すとして(武蔵丸もよくやっていた)、

勝った後のガッツポーズは下品この上なく、

負けた相手に蹴りを入れるとは、醜い以外何ものでもない。

 

朝青龍のこれらのポーズは相撲には似つかわしくない。

プロレスラーがお似合いである。

プロレスラーになりたまえ。

 

朝青龍に勝てない、日本力士も情けないものである。

朝青龍の相撲の勝つ術を見習うべきだろう。

正確なのど輪、まわしを取った時の力強さ、相手の足を掴むしぶとさなどなど、相撲の勝つパターンを確かにものにしている。

 

そして朝青龍の相撲内容よりも醜いものは、

朝青龍に何も注意をしなかった親方、相撲協会、横綱審議委員会だ。

醜い相撲だとしっかりと言いなさい。

 

そして、朝青龍のニュースは飽きましたので、芸能番組だけでやって欲しいものだ。

 

もし相撲を続けるなら、現役時代の千代の富士のように、風格ある、美しい相撲の取り組みをして欲しいのが、

切なる願いである。

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中