氷図屏風 円山応挙

円山応挙 1733~1795年

 

暑いので、氷の絵にしました。

写生画の応挙といわれるが、このような大胆な画もある。

応挙は狩野派、琳派、沈南蘋(しんなんびん、しんなんぴん)などの多くの流派の研究をしていた。

 

明日も応挙の大胆な絵を紹介します。(≧▽≦)♪

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

氷図屏風 円山応挙」への2件のフィードバック

  1. 久しぶりです(笑)。元気で何より。
    ところで、これ、氷の絵なんですか。涼しく・・・見えるかなぁ…。いま暑くて。

  2. お久しぶりです。o(^-^)o
    気が向いたので投稿してます。

    湖面が凍っていると思えば、凍ってくるかもー(∀ ̄;ノ)ガビ~ン!
    確かに涼しく見えないような

    やはり夏場は幽霊の絵がいいかもしれない((((;゜Д゜)))!!

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中