黄檗美術の肖像画

日本美術ではマイナーな黄檗美術の紹介です。

こんな絵も日本にはあるというぐらいでどうでしょうか。

 

 

 

喜多元規は1664~1709年ごろにかけて活躍し、数百点の作品を残している。

 

元規は父である喜多道矩(長兵衛)から黄檗肖像画を学んだ。

道矩は長崎で黄檗画家の、楊道真から画法を学んだと考えられている。

 

黄檗宗は日本三大禅宗の一つである。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中