桜八題 弘前城 吉田博

1935年制作

美しい。

これが版画というから驚きである。

 

日本という風景の美しさだけではなく、

画家の心のありようまでも美しいから、ここまで描けると思う。

 

おそらく私が吉田博と同じ現実の景色を見たとしても、同じように美しいとは感じないような気がする。

私がこの絵と同じ場所を眺めても、何も感じないだろう。

 

美しい風景というのは、偶然その場所を観て感じるだけではなく、観る側の心の持ちようも大事なのではなかろうか?

 

そして現実の風景と丹念に向き合わないと、ここまで美しくはならないと思う。

 

心底素晴らしい絵だと感じる。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中