写楽の相撲絵 大童山土俵入り(の一枚) と最近の相撲の感想

ただ強いだけでは、人気が出ない。

たとえ強くとも、下品で醜い相撲の内容だと、興ざめしてします。負けた相手に蹴りを入れるとは、呆れてものも言えない。

 

もともと伝統ある相撲は神の前で行う儀礼で、今の土俵入りなどで、その名残を残している。

今の横綱は確かに強い。しかし、観客には、強さよりも、醜さが残る。

そこには伝統に裏打ちされた、人間の強さというものをまるで感じない。

ただの個人競技で勝っているだけのように見える。

 

だれも注意しないのが、情けない。

 

人間的には魅力がありそうな感じがするだけに、あの相撲内容はもったいない。

とても残念である。

なにかのきっかけがあれば、最高の横綱になるものを秘めているだけに、もったいない。本当に。

 

実を言うと彼の相撲は私から見て魅力的なんです。

勝つ術を知っている。

正確なのど輪で、相手の力を失わす。

まわしの取り合いがたくみである。

外掛けのかけるタイミングが良い。

 

う~~ん。本当に良い意味でも悪い意味でも魅力的な相撲取りだ。

ただ今のままでは人気は出ないな。

観客層を見れば、あの相撲は生理的に受け付けないだろうから。

 

ほんと、もったいない。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中